注目の記事 PICK UP!

【BUSINESS】日経電子版を読んでないビジネスマンは終わっている

社会人も10年目を迎えた筆者が考えること。

ビジネスマンは「日経電子版」は読むべきだということ。

日経電子版に限らず「社会人は新聞を読むべきだ」こんなことは以前から言われていたことで、筆者も10年前の新人時代に先輩が言っていたのを覚えている。

その度に日経電子版を契約し出勤の時間に目を通すものの、習慣とならず数ヶ月で解約する。そして、2年後に再度改まって契約。そして解約というのを何度か繰り返した。

サラリーマンレベルをあげるための購読

そんな何度も解約した筆者がなぜ日経電子版を勧めるのか。

理由の1つは自分がビジネスで関わってくる人が変わるから。

30代中盤で会社から期待されている人材となると、クライアントの上層部の人とやりとりをする機会が多くなる。クライアントの上層部ともなれば年齢は自分よりも高く、年齢が高くなくても意識が高い日経を読んでいるような人間が多い。

そんな人物たちと対峙するためには、ビジネス全般の基本情報は知っておく必要がある。

はっきりいうと知らないと恥ずかしいレベルなのだ。

体力と根性で頑張る系の営業が通じるのも20代の後半まで。体力系で根性だけ、アタマが悪ければ社会の流れも知らないやつに、仕事を任せたいやつがどこにいるのか考えて欲しい。

どんな仕事も、重要な本質は会社が利益を出すこと。

クライアントのビジネスを成功させることが本質だとしたら、日本・海外のビジネス状況を知らなくてはならない。それを知るためには「日経電子版」が早いのである。

この記事を見ている人が何歳かわからないが、20代であれば早過ぎることはない、日経電子版を出勤時間に見るべし、40代であれば、これ以上遅れないために、日経電子版なのか新聞なのかから情報を得ることをオススメする。

生き抜くための購読

理由の2つ目は「コロナウイルス」

コロナウイルスの影響は甚大だ。まだ顕在化されてない部分もあるが、コロナウイルスの影響で20-30%ほど景気が落ち込むだろう。

そして、これから解雇される人間もいれば、減俸される人間も数多く出てくると予想される。このままサラリーマンだけの収入だと今の生活を維持できない可能性がある。会社の売上が20-30%下がることで、おそらく給料が2、3割カットされるだろう。

以前から「貯金ではなく投資」の大切さは国からも語られるほどであったが、今回のコロナウイルスで必要性が更に顕在化された。この自らの生活が脅かされる中でも目を瞑って動かない人間は確実に負け組になる。

資金を運用する必要がある。運用するためには経済情報が必要。

日経電子版を含む、新聞媒体にはその情報が載っている。だからオススメするのだ。

レベルアップのためには必須

1ヶ月意識的に読めば習慣化される。

そして、この習慣こそが未来の自分を助ける。出勤の電車の中という限られた時間で集中して日経電子版を読み、世の中の経済状況全般を知る。それはサラリーマンとしての面と副収入の両面から将来のアナタを助けることになる。

日経電子版の月額費は4,300円程度。この金をケチるぐらいであれば、生産性が皆無な社内の飲み会を月1回減らすべき。

そしてもう1回分の飲み会を減らして、そのお金で株を運用することをオススメする。

初心者オススメの株サービスはDMM株

関連記事

  1. 【BUSINESS】初心者がFXを始めるのにオススメのサービス

  2. 【BUSINESS】大手広告代理店(電通・博報堂・サイバーエージェント)の就活を勝ち取りたいなら必ず…

  3. 【転職】ベイカレント・コンサルティングの話を聞いてみた

  4. 【BUSINESS】カッコいい遊んでいる男は金を持っている【モテる男の年収】

  5. 大手広告代理店って、本当にエリートって言われるぐらい給料もらってんのか

  6. 【BUSINESS】女性が稼げる副業のススメ(キャバクラ・パパ活・ギャラ飲み)【女性必見】

  7. 大手広告代理店 電通・博報堂に新卒で入る方法

  8. 誰もが羨む!30歳2,000万円のパイロットの給料と仕事

  9. 【BUSINESS】博報堂の給料・年収

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事ランキング

PAGE TOP